目的に応じた老人ホームの種類

高齢化社会がすすむにしたがって、老人ホームにも目的に応じた様々な種類のものが出来てきました。
まず医学的な管理のもとで介護を受けながらリハビリに重点を置いた老人保健施設です。
病院で治療を終えて元の生活に戻るための準備期間として使われることが多いため、ほとんどの場合が3か月程度の短期の入所期間となっています。
次に特別養護老人ホームです。これは自宅で介護を受けることが困難な状況で24時間介護が必要な場合のための施設です。
食事や入浴など日常生活の介護が受けられ、費用も他の施設よりも安く設定されることが多いため、現在最も入所希望者が多く、すぐに入所することが困難となっています。
この特別養護老人ホームをさらにグレードアップしたものが有料老人ホームです。
基本的に介護はもちろんのこと全てのサービス面においてレベルが高く、居室も個室であることが多いため、その分施設利用費が高価となることが多いです。
また最近では似たような料金設定のサービス付き高齢者住宅というものもあります。
高齢者向けに設計されたバリアフリーマンションなどで安否確認や生活相談、介護保険を使っての訪問介護サービスなどを受けながら、一人暮らしが続けられるので人気となっています。
最後はケアハウスです。これは比較的軽度の介護で日常生活がおくれる方向けの施設となっています。
以上のように老人ホームにはたくさんの種類があります。介護をする側、受ける側になっても困らないようにどの施設がどのような場所かを知っておくとよいでしょう。
有料老人ホームを探すなら介護ぱどという有料老人ホームを探せるサイトが使いやすくて便利です。